資産形成の必要性

若年層にも投資が身近に!今すぐに知っておきたい資産形成の必要性。

資産を「守る」という考えが根づき、ヨーロッパ諸国では古くから常識となっている、資産を「増やす」という考えが一般人には浸透していなかった日本。しかし、終わりの見えない低金利、そして公的年金に不安が募る現代では、日本人も20代や30代で資産形成をはじめる方が増えてきています。公的年金だけでは将来の生活資金はまかなえません。自身の人生計画を立て、長期的な視点で資産形成を行うことが必須です。

将来必要となる生活資金を把握する

マイホームの購入費用、子育てに必要な費用などの大きな支出はもちろんのこと、日々の食費、趣味・娯楽費用など、豊かな人生を送るためにはさまざまな支出が存在します。そして「人生100年時代」と言われる今、収入がなくなった定年退職後の支出を考えたことはありますか?

将来必要となる生活資金として、老後の生活費もしっかりと把握しておきましょう。働ける今のうちに長期的な視点で資産形成をはじめる必要性が見えてきます。

豊かな暮らしのために必要な生活資金
定年退職後にもらえる年金収入

貯金だけではお金は増えない、だから投資が注目されています

将来のことを考えると資産形成・運用が必要ですが、銀行貯金だけではお金は増えません。そこで、資産形成に充てる金額はそのままに、 一部を当社の「ウズベキスタン積立投資信託(年利6.5%)」にまわした場合の資産のマネープランを見てみましょう。

xx
xx
xx
xx

貯蓄額の半分をウズベキスタン投資信託に預けることで年利がつき、
長期間運用するほどリターンが大きく!

xx
xx

資料請求、無料!

投資初心者に安心のリスクを抑えた資産運用「ウズベキスタン積立投資信託」。 豊かな将来のために、資産形成・運用をはじめましょう。月々5万円からの小口投資商品をご用意しております。高所得者向けの商品もございます。お気軽にお問い合わせください。

貯金を積立投信に変えるだけで
得られる利益が大きく変わる!
年利約6.5%